博物館について | 三次もののけミュージアム

三次もののけミュージアム

華麗・妖美なる妖怪絵巻の世界 9/19~12/17

博物館について

「もののけ」の世界へようこそ

本博物館の立つ三次市三次町(みよししみよしちょう)は、《稲生物怪録(いのうもののけろく)》の舞台となった地です。稲生物怪録は江戸時代以降、現代にいたるまで、絵本や絵巻、漫画の題材にもなり、全国の広い範囲にわたって伝承している妖怪物語です。

このような歴史的背景を持つ地に、日本屈指の妖怪コレクターである湯本豪一(ゆもとこういち)氏からの約5,000点という膨大なコレクションの寄贈を受けて、本館を開館することができましたことは、多くの皆様のご協力によるものと、改めて深く感謝申し上げます。

古来、我々人間は、自然現象による災害や疫病など人知を超えた現象を「もののけ(妖怪)」に由来するものとして、畏れ、時には敬いながら共存してきました。

常設展示室「日本の妖怪」では、日本の妖怪に関連する資料を展示し、私たちの生活のなかで妖怪たちがどのように捉えられ、表現されてきたかを、多彩な展示品により系統的に紹介します。

三次の地で「もののけ」の世界をご堪能いただき、また稲生物怪録ゆかりの地の町歩きを楽しんでいただければ幸いです。

広島県三次市長

博物館施設の概要

湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)外観
名称 湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)
所在地 広島県三次市三次町1691番地4
開館 2019年4月26日
設置者 三次市
敷地面積 敷地7,490m2(交流館等含む)
建物構造 鉄骨造2階建
床面積 1,241m2
詳細
展示室:462m2
エントランスホール:73m2
事務室:99m2
会議室:57m2
その他共用部分:550m2

沿革

2019年4月26日 湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)オープン