開催中の展覧会 | 三次もののけミュージアム

三次もののけミュージアム

amabiko

開催中の展覧会

夏休み企画展「幻獣ミイラ大博覧会」の開催について

夏休み企画展「幻獣ミイラ大博覧会」の開催について

期間:令和3年6月10日(木)~9月7日(火)※7月29日(木)から一部展示が変わります。
実際にはいないけれども、いると信じられてきた“幻獣”。本展は、当館所蔵の鬼や人魚、河童、烏天狗など、さまざまな幻獣のミイラとその関連資料を展示し、ミイラが生み出されてきた社会的背景やミイラを求めた人々の思いを紹介します。

詳しくはこちら
夏休み子どももののけワークショップはこちら ※受付を終了いたしました。
展示目録はこちら

当館SNSにも情報を更新しております。併せてご覧ください。
Twitter
Facebook
Instagram

常設展示「日本の妖怪」

常設展示「日本の妖怪」

人知を超えた自然現象に対する畏怖や、心の不安から生み出されてきた妖怪。絵画や書籍、日用品、玩具などから、妖怪が人々の生活に密接に関わってきた様子を紹介します。

常設展示「稲生物怪録」

常設展示「稲生物怪録」

江戸時代の三次を舞台とした妖怪物語《稲生物怪録》。本や絵巻を中心に、実在した主人公とその歴史背景、伝播し続ける物語の魅力を紹介します。

チームラボ妖怪遊園地

アミューズメントコーナー紹介


チームラボ 妖怪遊園地

描いた妖怪がスクリーンで動きだす、インタラクティブな作品を体験しながら学べる空間。妖怪の存在をより身近に、面白く感じることができます。